「えっ(汗)正直すぎる発達障害で気を付ける事!」

佐藤ステイサム

佐藤ステイサム

今回のテーマ
正直すぎる発達障害
◇動画音声説明◇

「引用元:Youtube 「正直すぎる発達障害」発達障害の特徴説明」



発達障害の人の中には正直すぎる人がいます。

現実社会では『暗黙のルール』があって

皆それぞれ

ブラックな事や

グレーな事

を理解して暗黙のルールの中我慢して生活してます。

しかし

暗黙のルールが理解できない

発達障害の方も中にはいます。

正直すぎて俗に言う空気が読めない


『KY』な行動をとってしまったり


『TPO』

・Time(時間)

・Place(場所)

・Occasion(場合)

場をわきまえない

・発言

・行動

を取ってしまうのです。

そのため人間関係がギクシャクしたり

いざこざが発生してしまうのです!

ゾロ サンジ 
「引用元:プリ画像 集英社 著者:尾田栄一郎 ワンピース」

ステイサムは子供の時から偏ったクソ真面目でした(泣)

間違った事は間違いだ正しい事は正しい

物事白はっきりしなきゃ

気が収まらないタイプでした。
 
その真面目さが仇となり

友達と仲良くできませんでした( ;∀;)

まぁぶっちゃけ性格上の問題と

学校一の変わりもんでしたからね・・・

生真面目さから失敗した例をあげると

A君が掃除をサボっていたとして

デップ~は法の番人か⁈

ってくらいの勢いで先生にチクったりしてました(汗)

何をそこまで一点の曇りなしに生きたったのかΣ(゚д゚|||)

今考えるとただ単純に

正しいことは正しい

間違ってる事は間違ってると

何か洗脳された如く生きてましたね。

先ほどもお話ししましたが

世の中そんな割り切って生きられませんよね。

そこらへん社会の暗黙のルールが理解できてませんでした。

現実社会

真面目すぎると

出る杭はうたれてしまうのが

現実ではないでしょうか?

だから自分みたいに発達障害で苦しんでいる方に

時に状況や回りの空気を読んで判断する事が

大切だとお伝えしたいです!
最終更新日2018-01-28
Posted by佐藤ステイサム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply