「これがヒストリー!パラリンピックの成り立ちと歴史!」

佐藤ステイサム

佐藤ステイサム

アルペンスキー 
「引用元:日本パラリンピック委員会 http://www.jsad.or.jp/paralympic/ 2018/01/12」


最近パラリンピックに関するブログを書き始め

そもそもパラリンピックとはどういうものなのか!?

障害者が障害と共に色々な壁を乗り越えながら

障害者スポーツをする!

簡単に説明すればそれで終わってしまいますが

ではその歴史は?

どんなパラスポーツがあるの?

冬季種目は何故少ないのか?など

たくさんまだわからない事を再認識させられました。

今回はパラリンピックの

成り立ちをスポットを当てたいと思います!
バイアスロン 
「引用元:日本パラリンピック委員会 http://www.jsad.or.jp/paralympic/ 2018/01/12」


◇動画音声説明◇

「引用元:YouTube 「これがヒストリー!パラリンピックの成り立ちと歴史!」
☆究極のお願い☆頑張って作って2分ほどの動画になってます♪





◇パラリンピックとは◇

障がい者を対象としたオリンピックです。

オリンピックと同じ4年に一度

競技大会の終了直後に

同じ場所でパラリンピックは開催されています。

第14回ロンドンパラリンピック競技大会(2012)では

20競技で行われ

史上最多の約4300人

164の国と地域から参加しました。

パラリンピックの起源は1948年

医師ルードウィッヒ・グッドマン博士によって

ロンドン郊外の病院内で開かれた

アーチェリーの競技会です。

第2次世界大戦

主に脊髄を損傷した兵士たちの

リハビリテーションの一環として行われました。

この大会は回を重ね

1952年に国際大会になりました。

さらに1960年のローマ大会からは

オリンピック開催国で。

1964年の東京オリンピックから

パラリンピックと言うようになりました。

1988年のソウル大会からは

オリンピックの直後に同じ場所で

開催されるようになります。

2000年にシドニーで開催された

第11回パラリンピック競技大会で

国際オリンピック委員会とIPCが

オリンピック開催国は

オリンピック終了後に

パラリンピックを開催する」などの

基本事項に合意し

双方の協力関係を深めました。






当初はリハビリテーションのための

スポーツだったパラリンピックですが

今はアスリートによる

競技スポーツへと発展しています。

回を重ねるごとに選手層が増し

大会レベルが高くなっており

アテネ大会では448の大会記録

304の世界記録が更新されています。

障害者スポーツの向上につながってます。


最終更新日2018-01-12
Posted by佐藤ステイサム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply